雇用形態

それでは、塾講師になる場合の雇用形態というのはどのようなものになるのでしょうか。 塾講師になるにはアルバイトで仕事をする場合と、正社員で仕事をする場合があります。 この両者にはどのような違いがあるのでしょうか。

アルバイトで塾講師の仕事をする場合、給与は「歩合」制度になっている場合が多いようです。 つまり、担当した授業の数に単価を掛ける形で給与が計算されるようになるわけです。 1授業当たりの価格だけではなく、自分が一月にどれだけの授業を行うのかによっても大きな収入の違いが生じるため、慎重に塾を選んで求職をしなければなりません。 給与は授業部分にのみ支払われるものの、授業の準備などを授業時間外に行わなければならないような仕組みになっているような場所もあるため、時間的な効率も考えて選ぶことか重要になります。

正社員採用の場合の給与形態がどのような仕組みになっているのかは会社によって違いがあります。 アルバイトと同じように歩合給制度をとっていような場合もあれば、月給制をとっている場合もあります。 やはりこの場合でも業務時間外の授業準備なども加味した上で考えなければなりません。 収入と労働時間の関係が重要なポイントとなります。